挫折しない禁煙ならチャンピックス

禁煙をはじめようと考えている方におすすめなのがチャンピックスという禁煙治療薬です。本来、禁煙外来などで医師の処方を必要とするお薬ですがネット通販などでも処方箋なしで購入できるってご存知でしたか?

挫折しないためのチャンピックス

チャンピックス使用にともなう無尿のリスクについて

喫煙による身体へのさまざまな弊害は、最近ではよく知られるようになりました。
肺がんを引き起こすリスクを高めたり、呼吸困難におちいる「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の発症を加速させるなど、健康に及ぼす被害は決して小さくはありません。
そのため、習慣的にタバコを吸っている人の中には、禁煙したいと考える人も多くいます。
従来は、ニコチン製剤であるニコチンガムや禁煙パッチなどの禁煙補助剤を利用して、禁煙に取り組みました。この方法は、ニコチンを取り入れながら行うものですので、離脱症状があらわれることもありました。
ニコチン依存症は意思の力のみで克服することは難しいため、一旦は禁煙できても、また元に戻ってタバコを吸い始めてしまうリスクもありました。そのため、病院で医師の診断を受け、通院しながら薬を利用して禁煙に取り組むことが一般的になっています。
現在禁煙外来ではチャンピックスという禁煙補助薬を用いて禁煙の治療を行っています。
チャンピックスは、ニコチンを含まない飲み薬で、禁煙の際にあらわれるイライラや、集中力が続かないなどのニコチンの離脱症状を抑制する効果があります。
また、喫煙時にはニコチンが刺激になってドーパミンという快感を感じさせる物質が放出されますが、チャンピックスはドーパミンの放出を抑制するため、喫煙時の快楽を減らすことで、喫煙したいという気持ちを減少させる働きもあります。
しかし、チャンピックスを使用することで、めまい・眠気が出る・無尿などの副作用が出るリスクもあります。
チャンピックスは12週間の治療期間が必要になります。服用中にこのような症状が出た時は、医師の判断を仰ぎながら服薬していくことが大切です。
特に無尿などの症状の場合は、自己判断をせず必ず医師に報告しましょう。
無尿は身体にとって大切な腎臓の機能に関わる症状です。そのままにしておくと、機能が悪化していく恐れも出てきます。